カテゴリ:情報( 5 )
ワークショップで作る針穴ホルガ(試作機)
c0007554_11323546.jpg

第8回針穴写真塾では、昨年モデルチェンジされた新しいホルガを使用します。
主な変更点はカラーストロボがついたことバルブシャッターや三脚穴がついたことなど。今まではシャッターユニットを外して改造していましたが、せっかく三脚穴がついているので、今回はシャッターユニットを残して改造します。

上の試作機のようなデザインになります。実際はもっとサマになるように準備しています。穴のサイズは0.2mmで銅板に開けていただく予定。丁寧に頑張れば、穴は自分で開けられることを体験していただければと思っております。
[PR]
by slowphoto | 2006-04-22 11:38 | 情報
『宙(SORA)』
九州電力(株)から出版されています「女性のためのエネルギーマガジン『宙(SORA)』』(2005.9 vol.5)にスロー・フォトの代表者とその作品、愛用のハリアナカメラ等の記事がでております。って、ひとごとみたいですが、私であります(笑)。

http://www1.kyuden.co.jp/company_booklet_sora_05
ここで記事をご覧いただけますが、私のMacでは表示されません(涙)。

a forest

これを撮影しましたのはZero Image社のZero69ですが、Zero Image社の日本総代理店である(株)エーパワーさんから、「針穴写真協会に入っていない生徒さんでも「九電SORA見た」と言っていただいたらJPPS特価適用します!12月末日まで!」とのこと。コンパクトで手頃なzero2000が欲しい人は今のうちにどうぞ。ちょっとだけ宣伝でした。
[PR]
by slowphoto | 2005-10-13 23:30 | 情報
(株)エー・パワー
ポラロイド社のポルガやピンポラの生みの親である安藤氏が設立された(株)エー・パワー。http://www.doctor-and.com/index2.html
主にホルガや針穴関係のお仕事をなさるようです。

わたしもZero imageの愛用者で、Zero2000 x 2とZero69の3台を使っております。



もっとご覧になりたい方は、上をクリックしてください。
[PR]
by slowphoto | 2005-05-07 17:35 | 情報
露出の換算(デジタルカメラを露出計として使う)
デジタルカメラを露出計として利用する方法について、問い合わせがありましたので簡単に説明いたします。
c0007554_17371573.gif

[PR]
by slowphoto | 2004-12-26 17:39 | 情報
The Slow Photography
c0007554_4483785.jpg


スロー・フォトのススメ

 今では、誰もが気楽に写真を楽しむことができるようになりました。デジタルカメラの性能も飛躍的に向上し、今やプロの現場ではデジタルが主流となってきました。カメラを自分で作り、三脚にカメラを固定し露出を計って、1秒間、あるいは数分間シャッターを開く。とても手間のかかる作業ですが、シャッターが開いている間に雲が流れ、草や木が揺れる。息をのむようにじっとして、時間を待つ。そこには凝縮された時間が焼きつけられる。そしてそのプロセス自体が私達が忘れつつある何かを気付かせてくれるものかもしれません。時間をかけて写真を撮ることは、その時間に意識を集中することでもあるでしょう。

 全てが手軽で便利になりましたけれども、デジタルカメラや自動化されたカメラでは写せない世界があることを私達は提案したいと思います。そしてこれらの手作り写真のプロセス「スロー・フォト」をたくさんの人に楽しんでいただけることを願っています。
------------
 上の作品は、「スロー・フォト」責任者Fumio Hananoの赤外線フィルムによる針穴写真です。私たちはいろいろな針穴写真の可能性を提案し、また「世界ピンホール写真ディ」への参加や針穴写真の普及のための活動をしております。詳細は*The Slow Photographyへ。。
[PR]
by slowphoto | 2004-12-06 05:00 | 情報