ワークショップで作る針穴ホルガ(試作機)
c0007554_11323546.jpg

第8回針穴写真塾では、昨年モデルチェンジされた新しいホルガを使用します。
主な変更点はカラーストロボがついたことバルブシャッターや三脚穴がついたことなど。今まではシャッターユニットを外して改造していましたが、せっかく三脚穴がついているので、今回はシャッターユニットを残して改造します。

上の試作機のようなデザインになります。実際はもっとサマになるように準備しています。穴のサイズは0.2mmで銅板に開けていただく予定。丁寧に頑張れば、穴は自分で開けられることを体験していただければと思っております。
[PR]
by slowphoto | 2006-04-22 11:38 | 情報
<< 次の写真展「スロー・フォト」 ワークショップ:第8回針穴写真... >>